So-net無料ブログ作成
検索選択

本物の野菜ってなに?

普段私たちが話している野菜が、どんな種から作られているのか知っていますか?

スーパーに行けば、同じ兄、色、大きさの野菜がずっと羅列している。 人間ならば、身長も体重も顔顔付きも人によって違うのに、スーパーの野菜にそういう個性クレジットカード現金化 違法はそれほど見られない。 どういうわけか?

事実は、スーパーなどで販売されている野菜は、大量生産につりあうように人為的な交配によって作られたF1種という品種が主流だから。 最近では、雄性火ミノル(稔)(乳牛原因腹(船,梨)※手術がなかったり、植木鉢がなかったりする)によるF1種も増えていて、今こそ多くの農家において、種は選ぶのではなくて、毎年購入することになっている。

昔は、鐘(種)は作物で選ぶことが当然だった。 今でもそういう鐘(種)はある。 その地域で永い歳月栽培されて、その気候・風土に適応してきた京都野菜のような伝統野菜だ。 それらは在来種・固定(苦情)種クレジットカード現金化 詐欺だと呼ばれるが、遺憾ながら大部分は衰退や絶滅の危機にある。

もちろん、F1種がここまで普及したことは、需要やメリットがあったので。 しかし、本来、種とは次世代に続いていく重要な情報がたくさん押された「命」すぐにそれ. サ室はや種を食べている私たち人間もまた、種であり、種を育成して、種をまくとする行為すぐにそれが、クレジットカード現金化 店舗生活であり、生きるということであり、自然の一部になって循環して行く――. そのような考えからできたのが、在来種・固定(苦情)種・自家栽培の種から育てた野菜を専門に取り扱う「terranova」 (テラ ノバ). 元パタゴニア(Patagonia)日本支社長であり、社会企業家のジョン・ムーア社長率いるジョン・何オ小市エイト株式会社がこの前立ったブランドだ。

「terranova」とは新しい大地(敷地)の意味. 次世代がソは新しい大地(敷地)のために、先ずは鐘(種)から食物のそうでなければならない姿を考えて、行動に結びつけるのブラックok 融資を提案して行くといえという。 具体的な活動としては、日本全国の在来種・固定(苦情)種・自家採種の鐘(種)から育った野菜を一ケ所混ぜて塀は「terranova box」 (1箱3,500円/月1回)の定期配送サービスを6月よりスタート

これによって、在来種、固定(苦情)種、自家採取をする農家や食の多様性の支援に結びつけて行きたいという。
以外に、「オーガニック(organic)・アドバンスト コース」 「100%オーガニック フード(organic hood)を自ら育てる」 「鐘と日本の食文化」という3種のワークショップも6月から開講予定. 全部現在の予約受付中だ。

4月に開催されたブランドのオープニング イベントで、ジョン・ムーア氏は、「本当の安全は何か、本当の食物は何か、本当の人生は何か」とゲストに尋ねた。 今こそ本当に、生きるということ現金化 仕組みの根幹を考えなければならないタイミングだと話すはずだ。 彼はまた、「考えることだけ、口だけ、それで意味がない。 重要なのはアクション. そこで変化が始まります」全部強調する。

本当に鐘(種),本当に食物、そして本当に未来に。 食物の価値やライフ スタイルの本来の姿勢が問題になる今だから、注目したい新しいブランドです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。